督促
私は約400万円の借金(6社からの借入れ)で、ずっと返済を続けていました。しかし、なかなか借金の額を減らすことができず、疲れ果てていました。
そんな時に、借金があっても即日で融資できるという広告を目にしてこれで、なんとか返済しようと思ったんです。しかし、世の中そんなに甘いものではありませんでした。
それはいわゆるカード枠の現金化をするところだったのです。しかも、結果として借金はさらに増えることになり、あわせて500万円近くまで膨れ上がっていました。

何度も死ぬことを考えては、思いとどまっての繰り替えしをした結果、家族に借金のことを打ち明けました。
そして、家族と一緒に借金の返済をどうしたらいいか、早く返せる方法はないか、考えた結果、弁護士先生に相談をしようという結論になったのです。

借金返済の相談をした結果

弁護士先生に借金返済相談をした結果、なんと借金は返さなくてもよくなったのです。
というのは、過払い金が発生していたため、それで全て相殺されたんですね。もちろん弁護士費用も。

正直、もっと早くに、弁護士事務所へ行っておけばよかった、と思いました。
そうすれば借金をたくさん作らずに済んだし、返済であんなに悩む必要はなかったんです。

借金返済の方法を、一つ間違えると、時間もお金もとことん無駄にする、と身をもって実感した出来事でした。

消費者金融からお金を借りて、それでも返済に困っている人は、数百万人といるとききます。返済に困って自殺を考える人や、犯罪に走る人も少なくありません。
借金がチャラになった今だからこそわかるのですが、借金の問題を一人で抱えて悩む時間は本当にもったいないです。それよりも、弁護士先生に相談をした方が精神的にもかなり楽ですし、返済計画をたててもらったり、業者と交渉をして、利息分をなしにしてもらったり、返済スケジュールを延ばしてもらったりと、借金に対して打つ手を出してくれます。

一人ではどうにも返済出来なくても、弁護士に依頼をする事で、打つ手が見えてくるのです。

弁護士に相談すると、主にこの4つの中で、ベストな選択を一緒に考えてくれます。

自己破産・・・借金を返せなくなったときに、一定の財産を債権者たちに平等に分配する一方、「免責」を受けることで、借金を全額免除してもらう手続。
民事再生・・・ある一定の安定した収入が見込まれ、「自宅を手放したくない」「破産すると資格(職業)がなくなるのは困る」といった相談をされる方に提案する手続。
任意整理・・・弁護士が貸金業者等の債権者と交渉して借金の減額を求める手続。
特定調停・・・簡易裁判所の調停委員を介して話し合いで解決する方法。

相談をする前に、自分にはどの方法がベストなのか、ということをどうしても考えてしまいます。
しかし、借金の状況や、現在の収入、家庭の状況、仕事の状況などの背景などを考慮して考えていかなければベストな選択を出すというのは難しいものがあります。

特に、裁判所などに行かなくても済む、任意整理の場合は、貸金業者などの債権者側との交渉を行っていくものになるため、腹の探りあいみたいな部分でもあります。
この辺りもふくめて、しっかり打ち合わせをしなければならなくなるため、弁護士に依頼を行うときは、出来るだけ自分の事をオープンにして、借金の返済を相談するのがおすすめです。

その上で、弁護士の判断を任せていきましょう。

毎月の返済が限界になっていている場合

よくある相談事例としては、借金の返済額が、限界まできていて、生活費がなくなってしまいそうという状況になっている事です。
この場合、自転車操業になる手前の状態なので、借金返済のために、新しく借金をするか、滞納をして遅延損害金が増えてしまう恐れがあります。その状況が続くと多重債務に陥り、個人信用情報に事故登録される可能性があります。いわゆるブラックリストにのってしまうという事です。

私からアドバイスできることは、借金の返済が難しくなった時、頼れるのは消費者金融など貸金業者ではなくて、弁護士など法律の力です。
対応が早ければ早いほど、精神的にも、金銭的にも負担が軽くなるので、早めに相談をするのがおすすめです。

生活が苦しくなってきている場合

生活が苦しくなっている場合、まず最初に毎月の収入と支出のバランスを見直していくことを考えるのがおすすめです。
そこで、借金の返済額をシミュレーションして計画をたてなおしていくんですね。
減らせる支出があるかどうか、増やせる収入があるかどうか、見直していってみて、どうしても目処が立たない場合は
弁護士へ債務整理の相談など、借金返済計画を考えてもらうのが一番です。

借金に対してはは、詳しい金利と、月々の支払額を、業者ごとに紙に書き出していくのがポイントです、
何社に毎月いくら支払いをしているのか、客観的に数字を見ることによって、支出を冷静に見ることが出来ます。
そこから、節約を考えるのも一つです。特に、家賃などの固定費を減らす事を考えると、それだけでぐっと支出が減るので、
支出を減らすのに大きく役立ちます。また、バイトをして収入を増やせるのなら、それも一つです。
こういう事を行ってもどうしようもない場合は、借金返済の無料相談にのってもらうというのが一番です。

遅れれば遅れるほど、借金が増えていってしまう状況にあるので迅速な行動を。

借金地獄から脱出するための制度

実際のところ「多重債務」が発生してしまうと、収入がドンと増えたり、親族などから好意の資金援助を受けられたりといった特別のことがない限り、自分の力だけでその状況を抜け出すことはたいへん難しくなります。それは私自身も経験がありますが「返すために借りる」ことをエンドレスにくり返すだけの、果てない借金地獄に落ちてしまうのです。

もちろん、この状況から救い出すために、様々な救済制度が日本には備えられています。なので借金で押しつぶされそうになっても、日本のセーフティラインはしっかり出来ているという事を知ってしっかり、その制度や法律などを利用して、借金地獄から脱出を考えてみてください。
破産(破産法)や民事再生(民事再生法)などを使えば、返しきれない借金がまるきり免除になったり、減額したうえで分割返済を認めてもらえたりするのです。

また、法律上の制度に頼らなくても、弁護士など専門家の力を借りて債権者と私的に話し合い、元本や利息をカットしたり返済期限
を伸ばしたりと、負担を軽減する合意をしてもよいのです。そういうやり方(任意整理)も借金地獄を脱出するための有力な手段です。

他に具体的に借金の相談をするとどんなメリットがある?

返ってくるお金について

私の場合は銀行のみならずサラ金からもお金を借りていました。サラ金など貸金業者の貸出し金利は、グレーゾーン金利というものがあります。平成錫年6月肥日の改正貸金業法完全施行より前は、条件づきながら年羽・2%まで許されていました。一方、銀行ローン金利の上限は利息制限法の規定どおりで、貸付額に応じて年利過%〜別%です。

このように、二つ上限設定があって、この間のことをグレーゾーン金利とよばれていたのですが、それが現在は一本化されました。そのため、以前このグレーゾーンの間に払っていた分の金利は、払いすぎたお金なので、過払い金として、変換される事になっているんですね。そのため、払いすぎた利息分があればあるほど、借金が減額される可能性があり、人によっては、借金がチャラになるだけでなく、お金が残る場合もあるのです。

取立てについて

取立て行為の規制借りたお金の返済が遅れると、貸主である業者から返済の督促がきます。しかし、貸金業者による夜間(午後加時以降午前8時まで)の電話や自宅訪問、あるいはいやがらせで職場へかけてくる電話など悪質な取立て行為については、貸金業法が罰則をもって禁止しています。
また、弁護士に任意整理などの依頼をすると、まず、借金の督促が全てストップします。そうすることで、精神的にかなり楽になれます。

借金の落とし穴はどこにでもある。

今の日本というのは、豊かである反面消費が激しい社会でもあります。その中で、生きていくとどうしても借金がまったくない生活をするというのが非現実的です。
というのは、住宅を買うとなれば、住宅ローンを組むのが一般的ですよね。これもまた借金ですし、クレジットカードで何か買うときもの同じです。

私自身カードを使い始めた頃は、借金をしているという感覚はありませんでした。使用したものの決済のためだけに使っているから大丈夫と思っていたのです。
しかし、それがいつのまにかキャッシングを利用するようになりました。その頃は特に返済でトラブルがあるようなこともありませんでしたが、序所にクレジットカードの使用率も上がり、キャッシングの利用も増えるようになっていってしまったのです。自分のお小遣いが足りないときとか、家にいれる生活費が足りないときの穴埋め程度に利用をしていたんです。
それが、家計は段々火の車状態になっていき、いつのまにか借金まみれとなり、返済不能になってしまいました。

当時は今とは違って、取立ての督促電話も厳しくて精神的にかなり追い込まれてしまいましたね。

借金の落とし穴というのは

借金の支払いが、だんだん厳しくなって、収入ではどうにも返済できなくなるほど、いつの間にか借金が膨れ上がっていってしまうのです。借金は、元金以外に利息があるため、この利息がどんどんきつくなっていくんですね、そして借金を返すために、新しく借金をすると、さらに利息が増えてしまうので、利息地獄への化して多重債務になってしまうのです。
借金は、恐ろしい勢いで増えていくので、一度多重債務になると、債務整理などをする以外手段はない、と私は思います。

実際に自分ではどうすることも出来ない債務整理が必要な場合は、とにかく早め早めに相談するのがおすすめです。
今の日本の状況から考えると、収入が伸びるなんて事はなかなか難しいからです。そうなると、借金を借金で返すようなことに繋がっていってしまいます。

最初はなんでもない借金なので、すぐに返せると思っているんです。
しかし、借入れが一社では足りなくなり、二社目の消費者金融から借金をすることになって。
借りた分を一社目の返済に回す。当二社目の借金は利息ぐらいしか払えない。

そうすると一社目の方には信用があるので、借り入れ限度額が膨らむ。
そして一社目から、さらに借金をして、という感じで段々借入れ限度額が増えていって上がっていってしまうのです。

このようにして、借金をする事になれてしまうと、いつも借金のことが頭にある生活になり、そして病気など不測の事態で大きな出費が必要になってしまうと、もはや返済不能に陥ってしまいます。
借りたお金に利息をつけて返済をしていくというのは、ものすごく大変な事なのです。